赤ちゃんが昼夜逆転にならないための、2つのポイント

赤ちゃんが昼夜逆転にならないための、2つのポイント


体内機能が未発達な赤ちゃんは、
昼夜が逆転してしまうことがあります。

もちろん、生後2~3ヶ月までは体内時計もなく、
寝ては起きてミルクやおっぱいを飲んで、というのが普通ですから、
昼夜逆転というよりは「昼夜なく」という感じかもしれません。

それでも、3ヶ月頃になると
まとまって寝ることができる赤ちゃんも増えてきますから、
この頃から生活のリズムをつけてあげるといいでしょう。

今回は赤ちゃんが昼夜逆転にならないよう、
気をつけるといいポイントを2つご紹介します。

赤ちゃんが昼夜逆転にならないための、2つのポイント1

 

 

 

 

 

① 昼と夜の違いをはっきりさせよう

生活のリズムの基となるのは、太陽です。
太陽が出ていると活動し、
日が沈むと休むのが人間のリズムです。

ところが、今は明かりがありますし、
24時間営業しているお店も多く、
現代人にはそんなリズムさえ崩れてしまっています。

赤ちゃんが寝ているのに部屋に明かりがついていたり、
隣の部屋からテレビの音が聞こえてきたりすると、
赤ちゃんも混乱してしまいますので、
明かりは消し、テレビも小さな音にしたり
録画して後で見たりするなどの配慮をしましょう。


② 日中はなるべく太陽の光を浴びさせよう

朝は長く雨戸やカーテンを閉めたままにせず、
日の光を部屋に入れてあげましょう。

日中お散歩するのも、日光浴にもなりますし、
体内時計を調節する助けにもなります。

ただ、季節にもよりますが、
外出する時には防寒対策、紫外線対策など
忘れないようにしましょう。

それから、お昼寝の時は部屋を暗くしすぎないようにしてください。
暗いと夜だと思い、赤ちゃんの体内時計が狂ってしまいます。

あまり長いお昼寝も、夜寝られなくなるので、
避けた方がいいかもしれません。

赤ちゃんが昼夜逆転にならないための、2つのポイント2

 

 

 

 

 


我が家の子ども達は、
昼夜が逆転することはありませんでしたが、
家でも保育園でも、お昼寝をすると2~3時間は寝てしまうので、
夜寝るのは10時頃になってしまいます。

主人は「子どもは9時には寝るものだ!」とよく怒っていましたが、
お昼寝をしなくなると9時には疲れて寝るようになりました。

子どもの睡眠リズムも必要な睡眠時間もそれぞれですから、
あまり神経質にならないようにしましょうね。

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、6歳、4歳、2歳の3児のママ。