欧米流寝かしつけ『ファーバー方式』は、本当に子どものためなのか?

欧米流寝かしつけ『ファーバー方式』は、本当に子どものためなのか?


最近日本でもよく紹介される、
アメリカ式寝かしつけ『ファーバー方式』。

欧米では夜泣きが少なく、
日本がダントツで一番夜泣きに悩まされているといいます。

その原因が、寝かしつけの方法。

日本は添い寝が多いのに比べ、
欧米ではこの『ファーバー方式』を実行しているからだといいます。

では、この『ファーバー方式』とは一体どんなものでしょうか?


欧米流寝かしつけ『ファーバー方式』は、本当に子どものためなのか?1

 

 

 

 

 

『ファーバー方式』とは、赤ちゃんがひとりで
寝つくようにトレーニングする方式で、
4~5ヶ月頃の赤ちゃんから始められます。

まず寝かせる準備をしたら、
赤ちゃんをベッドにおいて部屋を出ます。

赤ちゃんが泣いてもすぐにあやさず、
最初は5分くらい経ってから声をかけたりあやしたりします。

この時に、抱っこをしてはいけません。

そして、泣いてからあやすまでの間隔を
10分、15分と少しずつ長くしていくのです。

そうしているうちに、
赤ちゃんは夜中ぐっすりと寝るようになる、というわけです。


私も、長男が保育園で寝ないからと、この方法を勧められました。

でも、いくら泣かせてもひとりで寝ようとはせず、
結局2日で諦めました。

そもそも、私自身この方式を懐疑的に思っているので、
うまくいくはずがないのです。

欧米流寝かしつけ『ファーバー方式』は、本当に子どものためなのか?2

 

 

 

 

 

泣くのは、赤ちゃんの意思表示の手段です。
4~5ヶ月くらいの赤ちゃんが、何もなく泣くとは思えません。

大人でも寂しい時、悲しい時、構って欲しい時に、
泣きはしませんが、言葉で伝えます。

でも、赤ちゃんはまだ話せませんから、泣くしかないのです。

ですから、小さな赤ちゃんに
「諦める」ということを感じさせることに、
私はどうしても罪の意識を感じてしまうのです。

また、これが原因で何も言わない
「サイレントベビー」になっても困ります。

泣いている赤ちゃんをすぐ抱くと泣き癖がつく、
抱き癖がつく、また甘えた赤ちゃんになるともいいますが、
赤ちゃんでいるのは一生のうちごく僅かな期間です。

抱いてあげることで安心するのなら、
それはそれでいいのではないでしょうか。


参考文献
https://mamapress.jp/magazine/ferber-method/

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、6歳、4歳、2歳の3児のママ。