短い時間でも大丈夫!子どもとのコミュニケーションの取り方

短い時間でも大丈夫!子どもとのコミュニケーションの取り方


働くお母さんの心配事。

それは、
仕事後に子どもとの時間がなかなか取れず、
寂しい思いをさせていないか…

だと思います。

仕事から帰ると、
お母さんはやらなければいけない事が
たくさんありますよね。

洗濯・料理・お風呂に寝かしつけ・明日の準備…
他にも細々と処理しなければならない事が山積みです。

Lisa88_sentakubasami20141018094617_TP_V

そんなお母さんも、短い時間でも子どもと
十分なコミュニケーションを取れる方法があるんです!

言葉でコミュニケーションを取る場合、
子どもへの質問の仕方を工夫するだけで
もっと子どもの1日を知ることが出来ます。

それは、「オープンエンド・クエスチョン」という方法で、
子どもが「もっと話したい!」と思う聞き方です。


例えば、「今日は給食で何食べたの?」の代わりに
「今日食べた給食で、何が一番おいしかった?」と聞いてみましょう。

「今日は楽しかった?」の代わりに
「今日何が楽しかった?」

など、話が広がりそうな方法で質問してみましょう。
きっと楽しい親子の会話になると思いますよ。


少し手が空いたら、
次は子どもとスキンシップを取ってみましょう。

短時間でも子どもは
愛情を感じるホルモンがちゃんと出ます。

抱きしめる、頭をなでることはもちろんですが、
保育所から手をつないで帰る、
子どもを膝の上に座らせる、添い寝する

これもスキンシップです。

ANJ77_tukuenoshitanikkori20141115104922_TP_V

子どもとのコミュニケーションは、
長ければ良いというものではなく
短時間でも、子どもが愛情を感じる
コミュニケーションを取ることが大事だと思います。

子どもをしっかりと見つめ、濃密な親子時間にしていきましょう。


参考文献
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/01/048/
http://enfant.living.jp/upbringing/tokusyu/76543/

 


IMG_0102亜優(あゆ)

まもなく2歳になる子どもを持つ31歳、ワーキングマザー。
4年間の妊活の末、2014年8月に長男を出産。
現在、子どもを保育所に預けてながら、メガネ販売店でフルタイム勤務。
長男は魔のイヤイヤ期真っ最中!日々パワーアップするイヤイヤに振り回されながらも、
子どもの気持ちに共感し、一緒に楽しむ育児を心掛けている。
子育ての悩み、喜びを一緒に共有していける良き夫に支えられ、初めての子育てに奮闘中。