仕上げ磨きイヤイヤ!を乗り切るには〇〇が有効だった!

仕上げ磨きイヤイヤ!を乗り切るには〇〇が有効だった!


毎日の仕上げ磨きを嫌がって
泣き叫んで暴れる子どもと向き合うのは
精神的にも体力的にもしんどいものです。

育児の悩みの中でも、
歯磨きや仕上げ磨きに悩んでいる
ママはとても多いです。

1

 

 

 

 

 

 

そこで、子どもが歯磨きを好きに
なれるようなアイデアをまとめてみたので
一緒に見てみましょう。

1. ぬいぐるみやおもちゃを使う

子どもが好きなキャラの人形や
ぬいぐるみの歯を磨くふりをして、
「■■の歯きれいになったよ~!」
「じゃあ次は〇〇の番ね!」と、
遊び感覚で誘ってみましょう。

また、人形に歯ブラシを持たせて
子どもの歯を磨いたり、
人形に応援してもらうバージョンも
用意して、飽きさせない工夫をします。

2. 母音に「あ」「い」の入った言葉をしゃべらせる

言葉を覚えてきた子には、
「ばなな」「さかな」など、
母音が「あ」になる単語を言わせ、
口を開けた隙に磨く方法もあります。

「い」の口の時は、
「かに」や「みみ」、「いし」など。
たくさん言葉を用意して始めましょう。

3. くすぐる作戦

仕上げ磨きの時に首やお腹をくすぐると、
ギュッと口を閉じていても
笑って口を開くので、その隙に磨きます。

2

 

 

 

 


4. お気に入りの歯ブラシ、歯磨き粉を使う

キャラクターの歯ブラシや、
甘くておいしいニオイの歯磨き粉を使ってみると
歯磨き自体に興味を持ちます。

コップも子ども専用の物を用意して
「ミッキーのコップで
くちゅくちゅぺーしよっか!」と、
洗面台に誘導するのもいいでしょう。

5. 歯ブラシを変えてみる

うちの子は、歯ブラシのプラスチックの部分が
歯茎に当たって痛いと嫌がったので、
大人の歯ブラシを使ってみたところ、
「はみがちー!」と自分から来るようになりました。

ただ、口のサイズに合っておらず
磨き残しが出るので、最終手段に。
長く続けないようにしましょう。

3

 

 

 

 

 

 

6. 立たせたまま仕上げ磨きをする

膝の上に子どもを寝させてママが覗き込む
スタイルが一般的ですが、
いすに座らせたり、立たせたまま
仕上げ磨きをしてみましょう。

歯磨き粉を飲み込むリスクも減ります。

子どもがフラフラしないようにママがぎゅっと
してあげると安心感も与えられて良いでしょう。

4

 

 

 

 

 

まとめ

歯磨きに関する育児の悩みを
解決できそうなアイデアはあったでしょうか?

今のお子さんにちょうど
合うものが見つかるといいですね。

子どもの歯を虫歯から守ってあげるため
一緒に頑張りましょう。


1495161640512snanaco
1986年生まれ 関西地方出身。一男一女、二児の母。
大学で教育心理学・発達心理学を専攻し、現在も勉強中。
日中は育児、子どもたちを寝かしつけてからは仕事と趣味の時間。子どもたちと遊びたいし、料理も頑張りたい、部屋もきれいにしたい。オシャレもしたいし、美容にも手をかけたいし、趣味の時間も欲しい。限られた時間を有効に使うため、役立つアイデアを日々模索中。趣味はハンドメイド。主にベビー用小物やアクセサリーを制作している。