適度な日光浴をさせよう

適度な日光浴をさせよう


大人の女性なら、
紫外線が気になって避けがちな、日光浴。

そんな日光浴が、赤ちゃんや子どもの成長に
重要な役割を果たしているのをご存知ですか?

適度な日光浴をさせよう2

 

 

 

 

 

 


1998年以降、母子手帳には「日光浴」ではなく
「外気浴」と記載されています。

それには、オゾン層破壊によって
紫外線を浴びやすくなっていたり、
ビタミンDを含む粉ミルクや豊富な食材が手に入ったり、
といった、環境の変化が理由にあります。

また、「日光浴」というと長時間
日光に当たらせてしまう人がいるので、
外の空気に触れさせるという意味での
「外気浴」という言葉に変わったようです。

それでもなぜ日光浴が必要かというと、
骨を形成するのに必要なビタミンDを、
カルシウムの吸収を促進し骨量の減少を抑える
「活性型ビタミンD」にするのに、
紫外線が必要だからです。

適度な日光浴をさせよう1

 

 

 

 

 

実は、ヨーロッパでは冬季の日照時間が短いため、
赤ちゃんから大人までビタミンDを服用します。

欧米人には、夏にこんがりと焼けた肌を
ステータスとしているところがありますが、
浴びれる間に日光浴をしておかないと
心も体も健康に冬を越せない、という理由もあるのです。


活性型ビタミンDは、
10分程度の日光浴でも形成されるそうなので、
紫外線の強い時を避けて、
赤ちゃんにも適度な日光浴をさせましょう。

子どもには、短時間でも
外遊びをする習慣をつけさせるといいですね。


親も、子どもの外遊びに少し付き合えば、
気分転換にもなりますし、
日光浴は心のバランスを保つのにも役立ちます。

シミやソバカスが気になるのなら
しっかり日焼け止めを塗って、日光浴を楽しんでみてください。


参考文献
https://iko-yo.net/articles/1403

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、6歳、4歳、2歳の3児のママ。