子どもの心配や不安の原因は、ママやパパかも?

子どもの心配や不安の原因は、ママやパパかも?

 

保育園にお子さんを預けていて、
悩みや不安はありますか?


先日、私たちの保育園に、
パリ市の保育園で働いている保育士さんが研修に来ていました。

いろいろ話をした中で、
納得したことがひとつありました。

それは、

「よくぐずる子がいたら、
まずその親を安心させなさい、と指導された」

というのです。

子どもが保育園でぐずるのは、
親が不安を感じているからだと。

子どもは繊細ですから、親の杞憂も
敏感に感じとってしまうのでしょうね。

子どもの心配や不安の原因は、ママやパパかも?1

保育園に赤ちゃんや子どもを預けるには、
仕事復帰などの理由があるかと思います。

預けると決めたからには、
親もそれなりの覚悟が必要です。

それは、「保育園を信頼して、
子どもの健やかな成長のためにつくす」こと。

何か疑問に思ったり、不安に感じたり、
悩んだりすることがあったら、
保育士の方に遠慮せず相談してみてください。

送り迎えの時間が慌しくて無理なようでしたら、
保育士さんに時間のある時を尋ねましょう。

なかなか都合が合わない時は電話でも構いませんが、
できるだけ対面して話すようにしてください。

また、メールなどのメッセージでの連絡は、
読む側の解釈によって
違う意味に取られたりすることもあるので、
避けた方が無難です。

子どもの心配や不安の原因は、ママやパパかも?2

親子のコミュニケーションはもちろん大切ですが、
周りとのコミュニケーションをとるのも親の仕事です。

苦手な人も自分のため、そして子どものためと思って、
まずは保育士さんとの
ちょっとした会話から始めてみてください。

親の心配が解消されれば、
子どもも安心して通園できるというものです。

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、5歳、3歳、1歳の3児のママ。