2歳はイヤイヤ期到来!しつけに苦戦しているママ、焦らないで!

2歳はイヤイヤ期到来!しつけに苦戦しているママ、焦らないで


2歳になると、世間でもよく言われている
イヤイヤ期というのが出てきます。

今まで言わなかったけれど、
2歳になって言葉も出てき始めると
自我も同じように出てきますよね。

少し言葉を考えなければならなくて
親にとっては頭をひねることも
多くなってくる時期だと言えるでしょう。

2歳の子どものしつけとなると
大変だと苦戦しているママは沢山います。

私も2歳の娘には、
本当に毎日頭を悩ませていたので
苦戦しているママの気持ちが分かります。

そんな同じ悩みをもっているママが
少しでも解決へと導いていけるような
話をしていきたいと思います。

2歳はイヤイヤ期到来!しつけに苦戦しているママ、焦らないで2








上記にもありましたが、
しつけをしたいという親の気持ちと裏腹に、
子どもは自分の意思をどうにか理解してもらいたくて
イヤイヤが連続してくる時期です。


しかし、2歳にもなると
理解できていることも多いので、
ケガのない程度、人に迷惑をかけない程度のことであれば、
子どもに合わせてあげるということも必要となってきます。

デパートへ出かけると、
何かがほしいとごねていたり、
公園から帰りたくないと泣いているお子さんをよく見かけます。

ママは、本当に納得させるまで
面と向き合って大変な仕事の1つだと思います。

ママにも時間がありますので、
なかなか子どもに添った時間配分をすることも難しいですよね。

そんな中でも、一生懸命子どもと話をしながら
理解してくれる方法を編み出しているママって、
本当にすごいなって私は思います。

2歳の子どもは、自分の言っていることを
理解してほしいと思う気持ちも大きいため、
自分の言っていることを1度でも理解してもらえることで
受け入れてもらえたという事実に喜びを感じます。

その時をしっかりと
見極めなければならないのは難しいことですが、
親の受け入れ方でお子さんも変わってきますので、
1度は思いを受け入れ、
その後はしっかりとした意思で子どもを導いていくこと
2歳でのしつけとなるのではないかと私は思います。

 


プロフィール写真

Rin18
保育系短大を卒業後、保育士、幼稚園免許を取得。
保育現場で働く1児のママとして、子育てを楽しむ一方で、時にはめげそうになるもどかしさを実感している。少しでも肩の荷が下り、楽しく子育てできるママが増えてほしいという想いのもと、実体験を活かした記事の執筆を得意としている。