1歳半児は、真似上手

1歳半児は、真似上手

 

1歳半を迎えて成長の目まぐるしい次男ですが、
今更なのですが最近気づいたことがあります。

それは、「真似」をして新しいことを
どんどん覚えている、ということです。


お兄ちゃんやお姉ちゃんが服を着替えるのを見て、
自分も着替えてみようとする。

お兄ちゃんとお姉ちゃんが靴を履いて外へ行くので、
自分も靴を履こうとする。

お姉ちゃんが鼻をかむのを見て、
自分もティッシュを取ってかんでみる。

みんなが遊んでいるのをみて、
おもちゃの使い方を覚える。

パパのパソコンを開けて、
マウスをクリックしてみる。

1歳半児は、真似上手1

 

 

 

 

 



観察力も凄いと思うのですが、
実行しようという意欲が満々です。

1歳半にもなると何でも興味を持つ上に、
できることが増える時期なので、
新しいことを覚えさせるにはよい時期です。

我が家の場合3人兄弟なので、
家にいるだけで覚える環境にいますが、
まだ一人目で保育園にも通っていないとなると、
真似をする相手が親に限られてしまいます。

そんな場合には、公園やショッピングモールにある
子どもの遊び場など、年の違う子どもの集まる場所に
どんどん連れ出してあげてください

まだおねだりする年齢でもないので、
おもちゃ売り場の遊ぶスペースでもいいでしょう。

連れ出す親は少し大変ですが、
刺激を受ける機会が多ければ多いほど、
子どもの好奇心や意欲は増すはずです。

毎日とはいいませんので、
時々そんな機会を作ってあげてくださいね。

1歳半児は、真似上手2

 

 

 

 

 



さて、スキーに連れて行った次男は、
意外にも雪を見てパニック。

そりに乗せようものならぎゃーぎゃーわめいて、
周りからじろじろ見られる始末。

そんな時目の前を、同じくらいの年の女の子が、
平気で雪の中を歩いていました。

その次の瞬間、泣くのを止めて、
あれほど嫌がった雪の中を歩き出した息子。

1歳半ですでに、親の言うことより
他人の言動の方が影響力の強いことに、呆れてしまいました。

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、5歳、3歳、1歳の3児のママ。