しごとって何?はたらくってどういうこと?

しごとって何? はたらくってどういうこと?

私が子どもだった頃は
将来なりたい職業といえば、だいたい
男の子は、プロ野球選手か電車の車掌さん
女の子は、保育士さんかケーキ屋さん

そんなシンプルな世界感でしたが …

今の時代は、職業の種類や幅も広く
また、働き方自体も選択肢が広くなっていますよね

そんな中で
「しごと」や「はたらくこと」について
子どもにどうやって伝えていけばよいのでしょう。


41.子ども 仕事 写真2

 

 

 

 

 

娘が小学校に入って驚いたことのひとつに
様々な場面で「しごととは?」「はたらくとは?」
ということに触れる機会が、とても多いことがあります。

家族がしている仕事について知る
どんな職業があるのかを学ぶ
実際に、働いている場所に見に行く
そこで働いている人に話を聞くetc…

中でも、子どもにとっては
実際に仕事をしている職場を見学し
そこで働く人の話を聞くことは
何にも代えがたい貴重な経験となっています。

「結婚式場で、フラワーシャワーをしたよ!」
「警察学校で白バイに乗せてもらったんだよ!」と
大人でもなかなかできない体験談を
娘から聞くと

「あぁ、私も子どもの頃に
こんないろいろな経験をしていたら
人生もっと変わっていたかもしれないなぁ」
なんて思ったりもします。

やはり「百聞は一見にしかず」
現場で見たもの・感じたもののインパクトは大きく
そこから「自分が将来なりたい職業」が
リアルに見えてくる子もいます。

41.子ども 仕事 写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の娘は、保育園の頃からなぜか
「おとなになったら、けいさつかんになる」と
宣言していましたが
小学校に入ってから
警察学校に見学や体験に行く機会があり
ますますその夢が、膨らんでいるようです。

今持っている夢が、そのまま将来に繋がるかは
まだまだわからないとは思います。
でも、何の先入観もない子どものころから
いろいろな職業や仕事に対してオープンに接し
知識を得たり体験することは
とても大切なことではないかと感じます。

人生はながい!
世界はひろい!

どんな職につくにせよ
自分自身が夢中になれることを見つけ
それを共有できる仲間がいて
応援してくれるひと
必要としてくれるひとがいる

仕事を通じても
そんな実りある人生を送って欲しいと
親としては、ただそう切に願います。

 


プロフィール石田 治香(いしだ はるか)
長くアパレル業界で、服飾雑貨の企画デザインを手掛ける傍ら、趣味のスポーツ関連や子育てに関するコラムやblogを発信。
「衣食住を、カラフルに楽しく♪」をモットーにハンドメイド・インテリア・お料理・アートなどを通してひとり娘との暮らしが輝くようなちょっとしたアイデアを、日々模索中!