子育てママ必見!生姜で冬を乗り越えよう!

生姜で冬を乗り越えよう! 

いよいよ、冬ですね。
いろんなウィルス性の病気が流行るようになりました。

こうして子どもは免疫をつけていくので仕方のないことですが、
病気でぐったりしているのを見るのは辛いものです。

RSウィルスから肺炎になって
大変だったお友達もいるので、
ただの風邪だと侮ってもいけません。

さて、今回は我が家で実践している、
子どもたちの免疫力を高める方法
ひとつ、ご紹介します。

それは「しょうが湯」です。

生姜で冬を乗り越えよう!1

 

 

 

 

 

 


生姜が体にいいのは、皆さんもよくご存知だと思います。

料理に少し加えてもおいしいので、
子どもたちが風邪を引くと、
我が家では生姜を使った料理が続きます。

でも、刺激の強い食材なので、
摂取しすぎると下痢を引き起こしたりすることも
ありますから、気をつけましょう。

私が作る「しょうが湯」は、
小さなカップに半分くらいの白湯に
しょうが汁とレモン汁を少しずつ入れ、
飲みやすくなるようにハチミツをたっぷり加えます。

生姜はもちろん、
ビタミン豊富なレモン、
そして喉にいいハチミツと、
体にいいものばかりです。

うちの子どもたちは1歳を過ぎた頃でも、
エスプレッソ用のカップにちょこっと入れると、
おいしそうに飲んでいました。

生姜で冬を乗り越えよう!2

 

 

 

 

 



もちろん、これが万能というわけではありません。

ちょっと面倒くさいなと思いながら、
毎日作って飲ませていても、
子どもたちはやっぱり風邪をもらってきます。

「でも、それのおかげで重症にならないんじゃない?」

と友人にいわれ、冬の間
せっせと作り続けている「しょうが湯」。

風邪気味のオペラ歌手には、
ハーブティーをもとに作ったしょうが湯を振舞ったら、
喉の調子がすぐによくなったと喜ばれました。

皆さんもぜひ一度、お試しくださいね。

 

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、6歳、4歳、2歳の3児のママ。