ほんとに合ってる…?子どものしつけ

ほんとに合ってる…?子どものしつけ

今回は誰しもが悩んだことがあると思います、
「しつけ」についてお話ししてみたいと思います。

そんな私も毎日の育児の中で
息子の言動の一つひとつに悩みながら、
子育てしています。

きっとみなさんも
「この育児方法でいいのか…?」と
不安に思うことが1日の中で何度あるかと思います。


2ほんとに合ってる…?子どものしつけ

 

 

 

 

 

 

しつけをするといっても
厳しくしたり感情的に叱ったりすることが
しつけのすべてではありません。

「三つ子の魂百まで」という言葉がありますが、
私はその言葉は一理あると考えています。

2歳前後ともなれば
子どもはある程度の言葉を理解できるようになっています。

その子どもたちに社会でのルールを
教えてあげることは親の役目ではないでしょうか。


たとえば、怒る条件やタイミングを前もって決めておくと
自分の中でどんな時に厳しく言うべきか
心構えができるかと思います。

私は、本人あるいはお友達(家族)が
痛い思いをしたり危険な目にあう可能性がある場合
というのを目安にしています。

そのほかにもついつい起こりすぎてしまうこともあって、
こんな偉そうには言えない立場ではありますが…(笑)

日々子育てに関する悩みは尽きませんが、
少しでもほかの人の意見を聞いて
共感したり参考にしてみてくださいね。

 

出典:https://wooris.jp/archives/162471

 


プロフィール画像

non(のん)
2歳男児の母、現在妊娠8ヵ月。地方在住で夫は転勤族。
看護大学にて看護学・地域保健学・教養課程を修了。
看護師・保健師としての経験を活かし、現在子育てに邁進している。