子供のためという前にまず大切にしたいこと

子供のためという前にまず大切にしたいこと


最近イライラしてしまうことが多いなと感じている方や、
何だかモヤモヤしていたり、
気持ちがどんより落ちてしまうという方は、
まずはママの自分自身のケアから始めませんか?


子供のためと思って日々関わる中で
知らず知らずのうちに自分自身のことを
後回しにしてしまったり、好きなことを我慢したり、
諦めたりしていることがあるかもしれません。


イライラしたり、気分が落ち込んだりする感情は
自分の中の自分からのそんなサインかもしれません。

(自分自身の大切にしたい価値観を
大切にできていない時にこのような感情を通して
サインがでることがあります。)


子供目線で見てみると幸せそうで元気なママと
イライラしてなんだか暗いママ、
どちらがいいのでしょうか?

ママ自身が幸せと感じられていることは子供にとっても、
また親子関係においても
いい影響が必ず出てくるはずです。


子供のためと思い
一生懸命になり過ぎてしまうことが返って自分を苦しめ、
子供にあたる要因になっているとしたのなら、
少し自分の時間を意図的にとることはとても大切です。


家族の協力が難しければ、
一時預かりや母子分離の習い事なども
視野に入れてみるのも1つだと思います。


自分一人で頑張りすぎないで、
ぜひ周りを頼って一人になる時間であったり
好きなことをやる時間にあてたり、
自分自身に目を向け、
ケアする時間を作ってみてくださいね。

 


差し替え希望写真(水上)アドラー流コーチング メンタルコーチ
水上満乃理(みずかみ みのり)

某大手コンサル企業にて6年間勤務後、結婚と共に退社。 以前から興味のあったアドラー流コーチングを学び、コーチとして個人事業を設立。 現在、2016年5月に生まれた息子(第一子)と第二子妊娠中で子育て真っ只中。
アドラー流コーチングとは、「褒めない・叱らない育て方」「勇気づけ」「目的論」などを提唱する心理学者アドラーの思想を基にしたコーチング。コーチングの考え方をもとに、初めての育児に試行錯誤しながら毎日を楽しく過ごしている。