創造力が“思いやり”を育てる

創造力が“思いやり”を育てる

“やさしさ”と“思いやり”
という言葉の違いを
考えたことはありますか?

「やさしさ」は、目に見えるものへの配慮、
対して、
「思いやり」は目に見えるもの以外への配慮です。

お母さん方はよく、
「思いやりのある子どもに育てたい」と言われますが、
そのためには
目に見えないものに配慮できる力
すなわち想像する力を養うことが必要です。

想像力を養うために大切なことは
たくさんの経験をすることです。


想像は頭の中だけで出来るものではなく、
現実の経験を土台にして生まれるものだからです。


たとえば雨が降ると
だれだっていやだなあと思いますよね。
でも、みんながみんなそうなのかな?
ということを考えてほしくて
幼稚園では子どもたちに、
ホタルの生態観察をさせています。


まずホタルの卵が
ポトンと池や川に落ちます。
水のなかで幼虫になって、
秋・冬を過ごし、翌年の春になって、
十分に成長すると今度は地面に上がり、
土の中に潜ります。


そこで繭を作って、
60~70日すると、成虫になって飛び出します。


この成長の過程で大事なのは、
ホタルの幼虫が水の中から地面に上がるときは
必ず雨の日でなければならないということです。
晴れた日、曇った日の夜には上陸しません。


雨の夜、
子どもたち自身が観察に来ることはなかなか難しいので
私たちは映像を収めて子どもたちに見せます。
本当は親子で、
地上の星のように光る幼虫の姿を見てほしいのですが。
私は以前、そんな親子の姿を
『フィリーがドキドキした夜のこと』(随想舎)
と言う絵本にして刊行しました。


こうした活動を通じて
雨はホタルが生きるうえで
非常に大切なんだということを学びます。


雨が降ったら、
「今夜はホタルが地面にあがってくるかなぁ」
なんて想像してくれると、嬉しいですね。

 


yamamurasensei山村 達夫

宇都宮市在住。
まこと幼稚園 理事長・園長
社会福祉法人藹藹会理事長
福島学院大学福祉心理学部非常勤講師

教育と福祉を基盤に、実践に裏付けされた臨床的教育研究を行っている。また、障がい者施設・保育園の運営に携わっている。主な著書に、絵本「フィリーがドキドキした夜のこと」(随想舎)、「0歳からのことば育てと子どもの自立」(共著:合同出版)など。近年はFM栃木“RADIOBERRY”「まことーく!」「今日も“わきあいあい”」、CRT栃木放送「HAPPYLOOPはここから」にも出演。多岐にわたり活躍中。