宝物にするために、イベントでやっておきたいこと

宝物にするために、イベントでやっておきたいこと

家族のイベントには、ビデオやカメラで
思い出を残すご家庭は多いですよね。

我が家も、長男が生まれたその日から
ビデオや写真の記録を始め、
誕生日、季節のお祝い事、旅行…など、
沢山の思い出を収めてきました。

最近ではスマートフォンでも
簡単に綺麗に撮れるようになり、
子どもでも気軽に撮影出来ます。

子育てあるあるですが、
1人目は写真もビデオも整理しきれないほどあるのに、
2人目からは急激に少なくなり、
更に3人目は…。

もちろん、1人1人同じように
綺麗にアルバムを整理されている方もいます。

子育ての合間を見て手際よく
作業されているのだろうな…
と感心してしまいます。

しかし、私自身は第2子のため、
「写真が少ない~!」と思っていたのに、
いざ2人の育児が始まると
カメラを手にする暇もない日々が。

ビデオカメラ

そこで、
せめて家族の揃うイベントの際には
必ずビデオを回すようにしています。

そして、気が付いたら
パソコンやブルーレイで保存。
ブルーレイはいつでも見れるように置いてあります。

長女は、
この思い出動画を観るのが大好きで、
1人で留守番をしている時などよく観ています。

もちろん、自分の幼い頃の様子を観るのも好きですが、
特に弟が生まれたばかりの頃、
ヨチヨチ歩いてる姿に
「かわいい~」と目を細めています。

6歳離れた弟の姿は
生まれた日からしっかり記憶にあるようで、
娘にとっても懐かしいようです。

写真では残らない声や周りの雰囲気など
動画で撮った思い出は我が家の宝物です。


そして、子ども達が幼く
育児に追われていたころの
部屋の散らかりようといったら!!

改めて、子ども達が
成長したのだな…と感じます。



animal_pandaH.N HANAKO
現在子育てに勤しむ元保育士。第1子を出産後育休をとり復帰したものの、やはり我が子をじっくり育てたいと思い直し、自宅で出来る「住宅模型製作」の仕事を始める。近所に住むお友達と一緒に料理会やお茶会をして、小さなストレスを溜めずにできる限りその場で発散するよう日々努力する。現在、4歳・10歳・13歳の3人の子育て奔走中。