「三つ子の魂百まで」に隠された意味とは?

「三つ子の魂百まで」に隠された意味とは?


「三つ子の魂百まで」

有名なことわざですが、
私は特に調べることもなくただこの言葉を信じ、
3歳までは私の感じるままに子育てをする!
という我が侭を通してきました。

運がいいことに、義理の家族は理解があり、
私の日本流の子育てにも、
時々アドバイスめいたことを言う以外
特に口出しすることなく、見守ってくれました。

改めてこのことわざについて調べてみると、
やはり私は間違っていなかったと確信することができました。

では、このことわざに隠された本当の意味は、
なんでしょうか?

「三つ子の魂百まで」に隠された意味とは?1

 

 

 

 

 



ことわざ自体の意味は、
「幼い頃の性格は、年をとっても変わらない」ということです。

子どもは生まれてから3歳まで、
目まぐるしい成長を遂げます。

自分では何もできず、
目もぼやけてしか見えなかった赤ちゃんが、
歩くようになり、言葉を理解するようになって、
自分の意思を伝えられるようになります。

脳の発達に関係するニューロンの数は1歳でピークを迎え、
それまでに親からの愛情をたっぷり感じて育った子どもは、
コミュニケーション能力が高くなるという研究報告もあります。

また、脳の80%が3歳までに完成するそうで、
人格や言語能力がほぼ形成されることになります。

「三つ子の魂百まで」に隠された意味とは?2

 

 

 

 

 



3年といえば長い感じもしますが、
乳幼児期の3年は変化が目まぐるしい上に、
その間に覚えることは数知れず、
教えてあげたことはあっという間に吸収してしまいます。

私は、英才教育の話をしているのではありません。

一番難しい教育は、強い心を育てることだと日々感じています。

乳幼児期に親だけでなく、
たくさんの人の愛情を感じ、
また他人を愛することを教わった子どもは、
精神的に安定し、他人を信頼し、
社会へ出ても乗り越えていくことができるのではないか、
そう信じているのです。


参考文献
https://matome.naver.jp/odai/2139446140423601501

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、5歳、3歳、1歳の3児のママ。