どう違う?3歳と4歳の子育て

3歳と4歳は違います!1

娘4歳を見ていると、
3歳の時との変化を大きく実感します。

子供の一年とは、
実に大きなものがあると実感しております。

4歳!女児は特に好みが
はっきりとしてくる時期でもあります。
3歳迄は、まだ何とかママが用意した服を着てくれました。

ですが!4歳を境に、

この色は地味だ!
このキャラクターは可愛くない!
黒は男の子の色だ!

といったように、
理路整然と理由を付けて着なくなりました。

さらに、
「ママが買ってくるものは、
可愛くないから自分が選びに行く!」
と言うのですから・・・

そして、一人前に子供服売り場で、
吟味しているのですから驚きです!

3歳と4歳は違います!

 

 

 

 

 

“しつけ”をしたくとも、女児とは
そもそも本能的に備わっているものがあるのだろう・・・
と実感します。

ママは、その“本能”を良い方向に向かわせる為の
しつけが出来るとベストであると感じております。

ママって、自然と自分の考えを
子供に押し付けている所があるもの。

その点を理解した上で子供が持っている
“特性”を生かせるよう、
導いてあげたいものです。

ママの腕が発揮される時期とも言えるでしょう。

自我の目覚めの第一歩
とでも言えるでしょう・・・4歳!

お口もお上手?になる時期ですから、
今までとは違った苦労がある時期でもあります。

でも、成長しているな!と、
捉える位の大きな気持ちで、
5歳・6歳へと育てていきましょう。



プロフィール画像友兼 香成

小学校2年生と年中組の子を持つ2児の母。在宅ワーカー4年目。
母親としてだけでなく、一人の人間として24時間という限られた時間の中で効率よく働くことのできる在宅ワークに魅力を感じている。
将来的には、在宅ワーカーとして飛躍していきたいという想いのもと、日々コツコツ原稿書きに励んでいる。
またその傍ら、母親の学ぶ姿が子ども達への良い刺激になればと自ら学生時代に専攻していた心理学を勉強中である。