ママだって、泣きたいときは我慢しないで大声出して泣きましょう!

ママだって、泣きたいときは我慢しないで大声出して泣きましょう!

 

我が家のリビングには
今年も、相田みつをさんの
カレンダーが掛かっています。


こちらは『泣』という詩。

—————————
強がりなんて
いうことないよ
やせがまんなど
することないよ
だれにえんりょが
いるもんか
声をかぎりに
泣くがいい
ただひたすらに
泣けばいい


みつを

—————————

私はわりと涙もろいほうですが、
大人になってからは
だいぶ我慢ができるようになりました。


が、それでも泣きたくなることは多々あります。


少し前、落ち込みが激しく、
大声を出して泣きたい衝動にかられました。


ちょうど家族がいなくなってから、
布団にもぐって
大きな声を上げて泣きました。


なぜそうしたのかというと、
声を出して泣く事で、
心が浄化され、スッキリすると聞いたからです。


涙は次々と出てきて、
声も出ます。
かなり久しぶりの大泣きです。
暫くすると、
あら不思議!


弱っていた心に
強さが出てきて、


「こんなことで泣いてなんかいられない」


「ふざけるな~!
 負けるもんか!!」


などと闘志が湧いてきて、
これからどうするべきか・・・と
いきなり前向きになったのでした。


気分はスッキリ!


たまには子どものように、
大きな声を張り上げて
泣いてみるのもいいですね。


そんなことがあってから見た
相田みつをさんの詩。


誰に遠慮なんかせず、
泣きたければ
ただひたすら泣けばいいんですよね。


子どもに偉そうなことを言っている
大人の私たちだって、
へこたれる時はあります。


泣きたいときもあります。


泣きたいときには
泣いてみましょう。


大声出して!

 


IMG_2156

学校法人千葉白菊学園 千葉白菊幼稚園
副園長
鳰川 理江(におかわ りえ)

1972年、静岡県生まれ。聖徳大学人文学部卒。千葉市内の幼稚園に勤務していたとき、視察に来た現学校法人千葉白菊学園理事長の泰也さんと出会い、結婚。2005年の長男出産目前のとき、夫婦で千葉白菊幼稚園の経営を担うことに。現在、3人の男の子を育てながら、千葉白菊幼稚園の副園長を務めている。