ハサミを使わせよう!

ハサミを使わせよう!


ハサミは子どもにとっては
なかなか魅力的な道具のようですが、
大人はついつい「危ない!」と思ってしまいますよね。

でも、ハサミは
幼児の手の発達にとてもいいのをご存知ですか?

まず、ハサミは体に対して垂直に使いますが、
幼児はこの動きができず、どうしても紙とハサミを
体に対して平行に持って切ろうとします。

また、幼児は手が左右対称に動くので、
最初はなかなかうまくいきません。

それをとりあえず切れるようにするだけでも、
子どもの手の発達になります。

ハサミを使わせよう!1









次に、真っ直ぐに切ったり、
曲線などの線に沿って切ったりすることを覚えますが、
こちらはもっと手先の器用さが求められます。

小さい子どもはハサミを開いたら
ザクっと最後まで切ってしまうことが多いと思いますが、
それを途中で止めたり、刃を線に沿わせたり、
持ち手で紙を動かしたり、といった作業が加わるからです。

意外に奥深いですよね。

ハサミを使わせよう!2









一般的には、
2~3歳でハサミを使い始めることが多いそうです。

今では危なくないように工夫した、
子ども用のハサミも出ています。


でも、私はズボラな母なので、
娘は家の大人用のハサミを勝手に使って遊んでいます。

一度は弟の髪を切り、それでも物足りなかったのか、
自分の髪までバッサリ切ってしまいました!

そのおかげか、幼稚園では
「ハサミ使うの、上手ね~」と言われているようです。

床に散らばった細かい紙くずを拾ったり、
後の処置をしたりするのが、私の日課です。

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、6歳、4歳、2歳の3児のママ。