子どものユニークな習い事特集

子どものユニークな習い事特集
【子どものユニークな習い事特集】


子どもの習い事業界を調べていると、
昔にはなかったユニークな習い事がたくさんあります。


やるかやらないかは別にして、
今回はユニークな習い事を紹介したいと思います。


*******************************
1.ボルタリング
*******************************
今、ボルタリングが流行っているそうです。
スポーツクライミングが東京五輪の正式種目になるからだと考えられます。

私がお伺いさせていただいているスイミングスクールのイベントでも、
ボルタリング教室が開催されました。

参加された方の感想を聞くと、
子どもよりも大人の方が夢中になる
話をされていました。

子どもも大人も楽しめる。
そんな習い事なのかもしれません。


*******************************
2.あそび体験型教室
*******************************
あそびと言っても様々なものがありますが、
特に屋外に出て様々な遊びをする体験型の教室が
多いように思います。

アウトドアクラブなどもそういったものの一つだと考えています。
ボーイスカウトやガールスカウトのようなイメージです。

種目をあそびとして、色々なあそびが楽しめます。

昔よりも外で遊ぶ機会が少なくなった子どもたちにとっては、
習い事であれば指導者もついて、安心して習う事ができます。

 

*******************************
3.プログラミング教室
*******************************
ゲームやアプリ開発、コンピュータ制御などを学ぶことができる
プログラミング教室が流行しています。

私たち自身もパソコンを通して、仕事をしたり、
情報を獲得したりしていますが、
子どものうちからパソコンに触れることは
少なかったように思います。

しかも、触れるというレベルではなく、
プログラミングというスキルを学ぶ習い事なのです。


もはや、小学生の方が私よりもパソコンに詳しいかもしれません・・・・


今回は3つほど、習い事をご紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?


習い事も時代とともに様々なものが登場してきています。

今日、新しいと思っていたことが、
来年、再来年には古いものになっていることだってあります。

正直、子ども自らが習い事を見つけて来て、
それをやりたいとお話しされるケースは
とても稀なことだと思います。


そう考えると、保護者の皆様の習い事の選択はとても大切です。


どんな教室であっても、体験や見学を行っているでしょうから、
安易に決めずに、ぜひ一度体験や見学に行きましょう。


子どもの様子や教室の雰囲気、期待できる成長など、
ぜひお子さんに合った素敵な習い事を見つけてください。


お子さんに合った習い事と出会えるとよいですね。

 


hayashi林 勇希

株式会社Gクリップコーポレーション
執行役員 経営コンサルタント


幼稚園を中心とした子どもに関わるビジネスの経営コンサルタント。
幼稚園・スポーツクラブにおいての学童保育立ち上げ提案、幼稚園の園児募集、スイミングクラブの会員募集、保育所立ち上げなど、子どもに関わる幅広いビジネスにおいてコンサルティングを経験。現在は私立幼稚園、こども園に特化した“ベストマッチング・サービス”を提供するGクリップコーポレーションに所属し、幼稚園の園児募集、教育施設への学童参入支援、スイミングクラブ会員募集支援等、教育業界へのコンサルティングを行っている。0歳~9歳の子どもたちの教育を研究し、指導員を育成する一般社団法人キッズコンサルタント協会の理事を務めるほか、元プロテニスプレーヤー杉山愛選手の母である杉山芙沙子氏が開発した幼児向けスポーツプログラムの普及を行う一般社団法人次世代SMILE協会の研究員も務めている。