ダンス、ダンス、ダンス!

ダンス、ダンス、ダンス!


去年の暮れに大流行したドラマ、
『逃げるは恥だが役に立つ』。

そのドラマ以上に流行ったのが、
『恋ダンス』です。

大人だけでなく子どもも
自分の『恋ダンス』をビデオに撮って、
ネットで公開しています。

『恋ダンス』の振り付け解説の
ビデオまで登場していますよね。

この現象を説明していた専門家の方が
「最近は踊ることで表現する子どもが増えていて、
ダンスを習い事としている子どもも多い」
とおっしゃっていました。

ダンスがそんな身近でなかった世代の私には
「むむむ?」という感じですが、
そういえば、うちの子ども達はいつも踊っています!

ダンス、ダンス、ダンス!1

 

 

 

 

 

赤ちゃんの頃から
音楽が聞こえてくると体が動き出す我が子たち。

「まるでフラワーロック!」と思ったものです。

幼稚園での延長保育に迎えに行くと、
ラジオを大音量で鳴らして
子ども達が踊っていることもあります。

その真似をしてか、
家でもラジオをかけて踊っていることも。

保育園でも、音楽をかけて
みんなで踊るのを見かけますが、
体をめいいっぱい動かして、
赤ちゃんも子どもも楽しそうです。

ダンス、ダンス、ダンス!2

 

 

 

 



リズム感や基礎体力がつくダンス。

内にあるものを言葉以外に外へ表現する方法、
発散する方法としても、
いいように思います。

そして、みんなと楽しい時間を分かち合う
というのも、子ども達には魅力のようです。

習い事として学ばせるのもいいですが、
家でみんな楽しく踊るのも、
子どもも大人もストレス発散にもなって
いいかもしれません!

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、5歳、3歳、1歳の3児のママ。