子どもが求める“3つの「たい」”とは?

子どもが求める“3つの「たい」”とは?

先日、主人の知人からいただいた言葉。
私の心に響いたので、ご紹介です。

******************************
子どもはいつも
「認められたい」
「褒められたい」
「愛されたい」
3つの「たい」を持っている・・・。
******************************


そうか・・・と、
改めて
我が子に対する自分の接し方を
振り返りました。


この3つの「たい」を
いろいろな形で
表現してきているでしょう。


それに私はどんな言葉や対応で
返してあげているのか・・。


子ども達の3つの「たい」。
大事にしてあげよう、と思いました。


実はこれ、
大人も同じ「たい」を
持っていますよね。


認められたい
褒められたい
愛されたい


私たち大人同士も同じですよね?


『日本でいちばん大切にしたい会社』の中のエピソードで
多くの人に感動を与えた
日本理化学工業(株)の大山会長による
含蓄のあるお言葉から・・・


—————————————–
「人間の幸せは、ものやお金ではありません。

 人間の究極の幸せは次の四つです。

 人に愛されること、

 人にほめられること、

 人の役に立つこと、
そして、
 人から必要とされること。

 愛されること以外の三つの幸せは、
 働くことによって得られます。
 障がいを持つ人たちが働こうとするのは、
 本当の幸せを求める人間の証なのです。」

「日本でいちばん大切にしたい会社」 坂本 光司著
—————————————–


本当にそのとおりだと思います。


キーワードは「自分」ではなく
「自分以外の人・・・から」ですよね?


子ども達の3つの「たい」も全く同じです。


子育てにおいても
こうあり「たい」ものです!


ちなみに、主人がこよなく愛する
エビスビールの恵比寿さまも
赤い“鯛(たい)”を
抱きかかえています・・・ね。


あ、これは余談でした(笑)。

 


IMG_2156

学校法人千葉白菊学園 千葉白菊幼稚園
副園長
鳰川 理江(におかわ りえ)

1972年、静岡県生まれ。聖徳大学人文学部卒。千葉市内の幼稚園に勤務していたとき、視察に来た現学校法人千葉白菊学園理事長の泰也さんと出会い、結婚。2005年の長男出産目前のとき、夫婦で千葉白菊幼稚園の経営を担うことに。現在、3人の男の子を育てながら、千葉白菊幼稚園の副園長を務めている。