洗濯だって食器だってさぼってもいい!ママとして一番大切なことは・・・

洗濯だって食器だってさぼってもいい!ママとして一番大切なことは・・

題名と
落ち着いたブルーの表紙の装丁に惹かれて
購入した本。

手に取りやすい大きさと
挿絵と
布の装丁に癒されます。
ご紹介します。


————————————————

ニュージーランドの子育て支援施設に
伝わる詩より


『今日』

伊藤比呂美 訳
下田昌克  画
福音館書店

———————————————–


今日、

わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた


きのうこぼした食べかすが

床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだと思う


人に見られたら

なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしていたの?とか


わたしは、

この子が眠るまで、
おっぱいをやっていた
わたしはこの子が泣きやむまで、
ずっとだっこしていた


わたしは、この子とかくれんぼした

わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、
それはきゅうっと鳴った


わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった

わたしは、この子に、
していいことと
わるいことを、教えた


ほんとにいったい一日

何をしていたのかな


たいしたことはしなかったね、

たぶん、それはほんと


でもこう考えれば、

いいんじゃない?


今日一日、

わたしは
澄んだ目をした、
髪のふわふわな、
この子のために
すごく大切なことを
していたんだって


そしてもし、

そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ

————————————————-


ニュージーランドの子育て支援施設の
壁に貼ってあったこの詩。


作者はわからないそうです。


ネットでずいぶんと出回っているようなので、
ご存知の方も多いかもしれません。


この詩を読んだ時、
育児と家事と仕事と、
全てうまく噛み合わず、
イライラしていた自分を思い出しました。


やりたいけど

できない。


してあげたいけど、

やってあげられない。


こんな葛藤の中、
もう何年も過ぎてきています。


母になった嬉しさと同時に

子育ての大変さも一緒にやってきます。


初めてならなおさらです。


わたしは、どうにかなるさタイプなので、
本当にどうにかなってきました。


テーブルの下に落ちている
何かを食べても
お腹を壊さない食いしん坊の次男。


毎日掃除機をかけなくても
「汚いほうが免疫ができていい」と
前向き発想な私。


他にもいろいろ。


この詩の訳者の伊藤さんは、
ご自分で作り出した呪文があったそうです。


「ずぼら、がさつ、ぐうたら」


これって、私のこと?!
私だけじゃない!と
嬉しくなりました。


この詩に共感し、

励まされる方も多いのでは。


将来、母になる人も
もうすぐ母になる人も、
そして、今まさに母として奮闘している人も、
一番大切なことは何か。


手を抜いていいものは、
思い切って抜きましょう。


何が大事って、

子どもと一緒にいてあげることが
一番大事ですから。

 


IMG_2156

学校法人千葉白菊学園 千葉白菊幼稚園
副園長
鳰川 理江(におかわ りえ)

1972年、静岡県生まれ。聖徳大学人文学部卒。千葉市内の幼稚園に勤務していたとき、視察に来た現学校法人千葉白菊学園理事長の泰也さんと出会い、結婚。2005年の長男出産目前のとき、夫婦で千葉白菊幼稚園の経営を担うことに。現在、3人の男の子を育てながら、千葉白菊幼稚園の副園長を務めている。