育児と仕事一生懸命やらないと!・・・と思っているママ?少し肩に力が入っていませんか?

育児と仕事一生懸命やらないと!・・・と思っているママ?少し肩に力が入っていませんか?


子どもが生まれて、
パパと一緒に家庭を守るために
ママも力を合わせて一生懸命働いています。

でも、ママの仕事って仕事場でする仕事だけではないんです。

よく考えてみると、
休んでいられる時って本当に少しの間ではありませんか?

また、休憩していても
「あ・・・あれしなくちゃ」「忘れてる」と気が付き始めると、
結局自分の時間もろくにとれていないことも・・・。


こんな生活が続いていると、
ママだって疲れてしまう時期が
やってくるとは思いませんか?

私が今お話ししたような生活を送っているママは
この世の中にどれだけおられるでしょうか。
数えきれないほどのママが子どもや家族のために頑張っています。

育児と仕事一生懸命やらないと!・・・と思っているママ?少し肩に力が入っていませんか?1

 

 

 

 




夫婦だけの生活なら気にしなかったけれど、
子どもが生まれ食生活にもやっぱり力が入ります。

育ち盛りの子どもたちの為を思うと、
頑張ろう!と自然と思ってしまいますよね。

仕事を始めたことで、
家事や育児がおろそかになっているかも・・・と感じ、
心配しているママ!それは、
おろそかになっているのではありませんよ。

ママが一生懸命頑張っているからこそ、
そう感じてしまうのです。

そんな時は、手抜き料理も1つの手です。
だって、ママにも休息は必要ですからね♪

毎日そうしている訳でないのですから、
少しは肩の力を抜く機会がないと。

育児と仕事一生懸命やらないと!・・・と思っているママ?少し肩に力が入っていませんか?2








家族の未来を考えて、育児・家事・仕事を
両立しなければならない状態になっても、
踏ん張りすぎることはないです。

そんな時にはパパに言ってみてください。
「少し疲れた・・・」って。

「疲れた」という言葉を出すことで、
自分も楽になりますし、
パパだって言いやすくなることもあります。

私の家庭では、
お互い「しんどい」「疲れた」といった言葉を
ネガティブになってしまうと思いださなかったのですが、
あまりにも行き詰ってしまった時に
「疲れた・・・」とポンッと言葉が出た時には、
お互い寄り添うことができましたよ。

ママだけで頑張りすぎず、
疲れた時にはしっかり言葉にして話し合ったり、
休息が取れる方法を探すことで、
育児も仕事も楽しむことができるのではないでしょうか。


プロフィール写真

Rin18
保育系短大を卒業後、保育士、幼稚園免許を取得。
保育現場で働く1児のママとして、子育てを楽しむ一方で、時にはめげそうになるもどかしさを実感している。少しでも肩の荷が下り、楽しく子育てできるママが増えてほしいという想いのもと、実体験を活かした記事の執筆を得意としている。