子育ての悩みを解決してくれるのは、こんな意外な人かも?

子育ての悩みを解決してくれるのは、こんな意外な人かも?2

インターネットやSNSも発達し、浸透している今日
こうした子育ての情報も、数多く溢れています。

育児の悩み相談や、
ママのおしゃべり掲示板等もあり
そうした場所で、ストレスを発散したり、
悩みを解決出来ることもあると思いますが
皆さんは、どのようにご自身の育児の悩みに対応していますか?


私自身、妊娠初期から体調が悪く、
最後の2ヶ月は切迫早産で寝たきり

臨月でも、体重が6kgしか増えませんでした。

出産も42週ギリギリまで遅れ、
促進剤を使っての大難産となりました。

子供は3300g以上もあり、
先生も驚くほどの大きさと健康体でしたが
私の体力・体重減少が著しく、すぐに母乳も出なくなるなど
産後の肥立ちも悪く、非常に苦労をしました。

母親学級で一緒だった友達や、
同じ病院で出産した新しい友達は
皆、初めての育児にもかかわらず
すごく元気で母乳もバンバン出ていて、本当に羨ましくて
自分自身の育児の悩みについて話しづらくて、
あまり相談も出来ずにいました。

子育ての悩みを解決してくれるのは、こんな意外な人かも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなある日、親戚の叔母さんから、
出産内祝いのお礼の電話を頂きました。

昔は、毎年祖父母の家に集まっていたけれど
祖父母が亡くなると、なかなか顔を合わせる機会もなく
もうその叔母さんにもいとこたちにも、何年も会っていませんでした。

「大変だと思うけど、しっかり食べて頑張ってね」
「またいつでも遊びにおいで」
と電話口で聞く懐かしい声を聞いていたら
なんだか今の自分が情けなくて、泣けてきてしまいました。

そんな私に叔母さんは
「〜ちゃんも、赤ちゃんの時全然寝なくてね。
一晩中、あの道を散歩してたのよ!」

「〜くんなんて、今はあんな体格だけど
夜中に何度も喘息発作起こして」
いとこや私たちの幼いころの話をしてくれました。

それを聞いているうちに
「あぁ、みんなこうして苦労して子育てしてきたんだな」
「私も、こんな風にみんなに可愛がられて育ったんだな」
しみじみ思いました。

昔からずっと変わらぬ・柔らかで温かい口調は
疲れた私を暖めてくれ
お礼の気持ちで内祝いを送ったのに
その何倍ものものを貰った様な気がしました。

日々、子育てをしていれば、多くの悩みにぶつかることでしょう。

もちろん、家族や身近なお友達に相談することも大切ですが
私のように、疎遠だった叔母さんに
思いがけず救われることもあります。

皆さんも、自分が幼いころから親しんだ・自分のことを良く知る親戚と
久しぶりに話をしてみてはいかがでしょうか。

新たな発見や思いが、生まれてくるかもしれませんよ。

 


プロフィール石田 治香(いしだ はるか)
長くアパレル業界で、服飾雑貨の企画デザインを手掛ける傍ら、趣味のスポーツ関連や子育てに関するコラムやblogを発信。
「衣食住を、カラフルに楽しく♪」をモットーにハンドメイド・インテリア・お料理・アートなどを通してひとり娘との暮らしが輝くようなちょっとしたアイデアを、日々模索中!