ママ同士の協力で、学級閉鎖を乗り越えよう!

ママ同士の協力で、学級閉鎖を乗り越えよう!


インフルエンザが猛威を振るい、学級閉鎖も多かったこの冬。

大寒波で休校になるところもあり、
お母さん達は大変だったと思います。

フランスでも寒波が襲い、休校になる学校があったり、
休園になる保育園や幼稚園があったり、大変でした。

それでも1日2日のことだったので何とかなりましたが、
日本の友達が「学級閉鎖で6連休!」
と話しているのを見て、ふと思いました。

仕事をしているお母さんはこんな時、
どうしているのでしょう?

親が近くに住んでいれば都合もつけやすいかもしれませんが、
今は離れて暮らす家庭が増えていますから、
そうもいきません。

ママ同士の協力で、学級閉鎖を乗り越えよう!2









有給の多いフランスでも、
急に休暇を取るのはやはり難しいものです。

会議が入っていたり、顧客との約束があったり、
事情はいろいろとあります。

インフルエンザや寒波は全国的な問題なので、
フランスでは政府が「今日は通勤せず、
自宅で仕事をしてください」と言い出す始末。

休んでもお互い様かもしれませんが、
医療機関などではそうはいきません。

ママ同士の協力で、学級閉鎖を乗り越えよう!2








東京でバリバリのキャリアウーマンの友人は、
ママ友と都合をつけている、という話をしていました。

何日も休むのは無理なので、
今日は誰々さんが休みを取れたから子どもを預かってくれる、
という感じで、お互いに都合をつけてローテーションを組むというもの。

やはりこういう時は、働いているお母さん同士の
ネットワークと協力がものをいうのですね。

もしひとりで「どうしよう・・・」と悩んでいるのなら、
同じように仕事をしているママ友に相談してみてくださいね。

 


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

ドゥロー ユミコ
フランスにてプロとパパママ友と一緒に、親がボランティアで経営に参加するモンテッソーリ教育の保育園を創設。
音楽の仕事をしながら、その経営に携わっている。理解のあるフランス人夫とともに、日本とフランスの子育ての違いから
「いいとこどり」をして楽しい育児を目指す、6歳、4歳、2歳の3児のママ。