ザルはザルとして使わない!~子どもの発想は無限大~

ザルはザルとして使わない!~子供の発想は無限大~


子育てをしていると、
子どもの発想に驚かされることがたくさんあります。

歩き始めた息子は、
キッチンに来てザルを見つけると
嬉しそうに持っていきます。

ちょうど息子サイズの小さな白いザル。

この小さな白いザルに
息子はどんなイメージをわかせたのでしょうか。


当然かのように、ザルを顔の前に持っていく。

細かい網目越しに見る部屋の風景は
きっと今まで見たことのない風景なのでしょう。

顔が隠れたことでこちらからは
見えなくなっていると思っているのか、
こちらが「いないな~??」と声を出すと
嬉しそうにここだよー!と顔を出すのです。


初めてそのモノを見た時、
本来の使い方なんて知らないし、
知らなくていいのです。


その子にとって、
どんなイメージが湧いているのか、
一緒にその世界を見て、
その感動に少し思いを寄せてみる。

すると、今まで日常、
当たり前としていたことが、変わるのです。


子どもと生活することは
とても刺激的で面白いことだと思います。

私たちの日常を非日常にしてくれる。
子どもはそんなスペシャルな想像力の持ち主なのですね。


%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f

アドラー流コーチング メンタルコーチ
水上満乃理(みずかみ みのり)
某大手コンサル企業にて6年間勤務後、結婚と共に退社。 以前から興味のあったアドラー流コーチングを学び、コーチとして個人事業を設立。
現在、今年5月に生まれた息子(第一子)の子育て真っ只中。アドラー流コーチングとは、「褒めない・叱らない育て方」「勇気づけ」「目的論」などを提唱する心理学者アドラーの思想を基にしたコーチング。コーチングの考え方をもとに、初めての育児に試行錯誤しながら毎日を楽しく過ごしている。