しつけは何歳から?1歳のしつけの仕方とは・・・?!

しつけは何歳から?1歳のしつけの仕方とは・・・?!


赤ちゃんだった我が子が1歳になり、
成長したな・・・と感じている中、
“しつけ”をしないといけないなぁ・・・?
なんて周りの会話で出てくると、
そろそろ始めないといけないのかな?と思い始めますよね。


1歳のしつけがどのようなものなのか
ということをまず、お話しします。

しつけは何歳から?1歳のしつけの仕方とは・・・?!1

 

 

 

 

1歳という時期は、身の回りの物や人など
様々なことに興味津々の時期です。

そして、身近にいるママやパパの話を
少しずつ理解し始める頃にもなりますので、
言ったことに頷いてくれたり、笑ってくれたり・・・
やり取りが楽しい時期ですよね。

そんな時期に“しつけ”という言葉を耳にすると
少し固い感じがするかもしれませんが、
日常の生活や生活習慣が自然としつけになっているんです。

しつけという言葉から
イメージすることと言えば・・・

「これはしてもいいよ」
「これはダメ」
「ダメなことはしてはいけない」

といったように、していいことと悪いことの区別をつける
といったイメージをされることが多いのですが、
1歳のしつけとは、このような生活習慣のことを示します。

生活リズムを整え、だいたいの目安の時間で生活を送ること。
が1番のしつけであることを頭に置いておいてくださいね。


しつけは何歳から?1歳のしつけの仕方とは・・・?!2









また、それに+でできるしつけとしては、
ママやパパの話を理解しようとしている
子どもと向き合うということでしょうか。

言葉を理解してきているということもありますが、
まだまだ覚える初期段階といったところです。

何度も繰り返して同じことを伝えて
理解できるように促してあげることも大切なことです。

それによって、子どもなりに理解し
楽しい時間を過ごすこともしつけの一環ですよ。


1歳のしつけは、かっちりとしたことをしなければならない!
ということではありませんが、
一番基礎となるところではあります。

ママやパパと楽しい時間を過ごしながら
“しつけ”を身に着けていけると良いですね^^

 


プロフィール写真

Rin18
保育系短大を卒業後、保育士、幼稚園免許を取得。
保育現場で働く1児のママとして、子育てを楽しむ一方で、時にはめげそうになるもどかしさを実感している。少しでも肩の荷が下り、楽しく子育てできるママが増えてほしいという想いのもと、実体験を活かした記事の執筆を得意としている。