恐ろしい小学生の夏休み。親の頑張りが試される?!

タグ: ,

 

もうすぐ、子どもの夏休み。


年少の頃の次男はイマイチ、
長期休みの理解ができていないようで、


「じゅんじゅん、幼稚園?」
「じゅんじゅんは、休み?」


と、ほぼ毎日聞いてきていました。


長男は、小学校で出されている課題を
少しずつ消化していかなければいけません。


自由研究、読書感想文、工作、絵画、絵日記、
アサガオの観察日記、毎日の自学・・・


やらなきゃならないことが盛り沢山で、
親が焦ります。


一年生ときたら、自分ですすめるのはほとんど不可能。
親の頑張りが試される時・・・といった感じです。


「小学生の夏休みは、親が大変」とよく聞きますが、


これか~!と納得。


『夏休みは、普段できないことを体験させる良い機会』


でもありますが、初めて小学生の子を持つ私の心は、
体験より、課題の消化・・・になってしまっています。


これじゃ、いけませんね。

 

課題に取り組むことで、学力向上、発見、興味増進があれば
よいのですが・・・


親の焦りをよそに長男は、


「キャンプ行きたい!」
「映画観たい!」
「お祭り行きたい!」
「プール行きたい!」


などなど、やりたいこといっぱい。


おまけに、
読書感想文の本も、難しそうなものを選んだり、


自由研究も、
間に合わないでしょ・・・というようなものを
考えたり・・・


一緒にじっくり取り組んであげる時間も限られているため、
もっと時間がほしい!
といった感じです。


幼稚園児のうちは、本当に夏休みを思う存分楽しめました。


せっかくの夏休み、
パパっと課題を済ませて、
長期休みを子どもたちと一緒に楽しまなければ!


と、気持ちを高ぶらせている私です。


全ては気の持ちよう。


この夏休みの課題も、
私も勉強させて頂いている・・・と
感謝して、楽しんで頑張ります!


初めての小学生の夏休み。
どんな課題が完成するのか、
楽しみして・・。

 

 

IMG_2156

学校法人千葉白菊学園 千葉白菊幼稚園
副園長
鳰川 理江(におかわ りえ)

1972年、静岡県生まれ。聖徳大学人文学部卒。千葉市内の幼稚園に勤務していたとき、視察に来た現学校法人千葉白菊学園理事長の泰也さんと出会い、結婚。2005年の長男出産目前のとき、夫婦で千葉白菊幼稚園の経営を担うことに。現在、3人の男の子を育てながら、千葉白菊幼稚園の副園長を務めている。